ニュース&トピックス

洋菓子工房

驚きの大きさ!自社農園のジャンボの苺を使ったショートケーキが3/19から期間限定販売

2022.03.18

みなさまは、こんなに大きな苺をみたことがあるでしょうか?
正直、私は驚きました。同じ品種でここまで大きくなるものなのか‥‥と!

以前にもご紹介したとおり、当社では本店敷地内のハウス内で苺の栽培を行っていますが、それも今が最盛期。収穫量もどんどん増えてきて、今はショーケース内の苺はすべて自社農園の苺でご用意できている、という状況です。
(自社農園の苺を使ったおすすめのご紹介はこちら

本社敷地内の苺は最盛期!たくさんの果実が実っています。

苺は青いうちに摘んでも赤くなってくれる果実。それを真っ赤になるまで待ってから毎日ひとつずつ摘みとって、それをすぐに使って提供する―そんな豊かさは作り手にも幸福をもたらしてくれていましたが、最近は目を疑う(本当に2度見するくらいの)苺が入ってくるようになりました。

最近大量に収穫されている苺(左)、通常ショートケーキにのせている苺(右)

「で、でかい!なんでこんなに大きくなるの?
農園の担当者にきいてみると、2つの理由を教えてくれました。

  • 苺はシーズン中、複数収穫するタイミングがある。12-1月時期の1番果、2月中旬以降の2番果、続く3番果、年によっては4番果もあるが、そもそも2番果が最も大きい。
  • 苺は10個ほどの小さな花が群がって咲くが、その最初のひとつ目は大きい。
小さな花が群がって咲くので、果実も群がって実る。その初めの果実が大きく育つそうです。

少し遅めの今年は2番果の収穫が今ごろからはじまっており、そんな2つの理由が重なって超特大苺が採れている、ということでした。

それにしても規格外レベル。
ただし、美味しさは全くそん色がない(すごく美味しい)。そしてこんな大きな苺は見たことない!
そう思ったら、美味しい上に「びっくりするほどの大きさ」という価値も丸ごとお楽しみいただきたくて、特別なショートケーキを作りました。

自社農園のジャンボ苺のショートケーキ

1粒5-6cmクラスのジャンボ苺を使った「自社農園のジャンボ苺のショートケーキ」

自慢のふんわりスポンジにあっさりの生クリーム。そして自社農園で収穫される「紅ほっぺ」苺をふんだんに使用。ただし、サイズがあまりに大きいので、トップにのせる苺はハーフサイズ。(1粒のせたら確実にケーキがつぶれるので)
それでも圧倒的な断面の力強さは十分お楽しみいただけますし、なにより美味しさが格別!産地の旬だからこそ楽しめる、期間限定のプレミアムショートケーキです。

[販売期間]2022年3月19日から4月上旬ごろまで
[価格]594円
[取り扱い]洋菓子工房 各店


農園担当者によれば、この巨大サイズが先1~2週間は採れるとのこと。
移ろう季節の中で、ほんの一瞬輝く苺の息吹を集めたみたいなケーキだなと感じています。生命の美しさと強さを、ぜひこのケーキで皆様とも共有できればうれしいです。

真っ赤でおおきな実をつける苺たち。収穫されるのを待っているみたい。

ぶどうの木農園ではエディブルフラワーも期間限定で予約受付中!詳しくはこちら

イタリアンカフェでこだわり野菜のサラダビュッフェも明日からスタート!詳しくはこちら