menu

金沢・ぶどうの木

Budoonoki farm

ぶどうの木農園

ぶどうの木農園

農薬、化学肥料、除草剤を使わない
こだわり農法。
自慢の野菜をのびのび育てています。

ぶどうの木農園

2012年、本社敷地内で始まったぶどうの木農園。以前は豊かな水田地帯であった耕作放棄地に愛情をそそいで、少しずつ緑の畑へと育てています。
無農薬、除草剤不使用、そして化学肥料も一切使わない、こだわりの自然農法で年間100種類を超える野菜を栽培しています。

こだわり野菜の詰め合わせ

お取り寄せも可能!野菜販売はじめました。

こだわりの農園野菜はこれまで自社レストランで使用してきましたが、ご自宅でも自慢の野菜をお楽しみいただきたいとの思いで、ぶどうの木本店敷地内で販売を始めることにしました。
こだわり野菜の詰め合わせのお取り寄せも可能です。年間100種類を超える栽培品目から旬の素材やエディブルフラワー(可食花)など、6~7種類を選定してご用意します。レストランシェフのアドバイスつきだから、調理も安心!季節のご挨拶や贈り物にもご利用いただけます。

■1箱 3,240円(税込)+送料
■ご予約・お問い合わせ:076-258-0001(ぶどうの木代表)

当園で栽培している野菜のご紹介(5~6月)

アイコンをクリックすると詳細をご覧いただけます。
「こだわり野菜の詰め合わせ」は、この中からその日の取れ高などによって6~7種類を選定してご用意します。

スナップエンドウ

スナップエンドウ

グリーンピース

グリーンピース

そらまめ

そらまめ

キヌサヤ

キヌサヤ

ツタンカーメンのエンドウ

ツタンカーメンのエンドウ

黄インゲン

黄インゲン

さや大根

さや大根

ベビーリーフミックス

ベビーリーフミックス

エディブルフラワー

エディブルフラワー

リーフレタス

リーフレタス

イタリアンパセリ

イタリアンパセリ

ラディッシュ

ラディッシュ

エシャロット

エシャロット

ズッキーニ(6月~)

ズッキーニ(6月~)

コリンキー(6月中~)

コリンキー(6月中~)

オニオンヌーボー

オニオンヌーボー

スナップエンドウ

スナップエンドウ

さやごと食べられる肉厚でみずみずしいお豆。サッと茹でれば色も鮮やか、パリッと甘くてジューシー。サラダにパスタや煮物でも大活躍。お箸が止まりません。縦半分にスライスして飾りに使えば豆の可愛いらしさが演出できておすすめ。

グリーンピース

グリーンピース(実エンドウ)、+(白い花)

サヤは外して、中の実をお召し上がりください。お料理の仕上げにあしらえばお皿が彩り豊かに!豆ごはん、ポタージュもいいですね。グリーンピースは生野菜⁉採れたての若い豆は生で食べたらビックリする位の甘さ!可憐な白い花もそのままお召し上がりいただけます。

そらまめ

そらまめ

グンと上に空を向いて実を成らせるところから「空豆」とも言われています。
《シェフのおすすめ》魚焼き器やオーブントースターでさやごとグリル!真っ黒に焼いたサヤから取り出した実にほんのり塩をふって完成!シンプルだけどこれが一番!…だそうです。ビールが進みます。

キヌサヤ

キヌサヤ(赤い花が素敵)

キヌサヤとキヌサヤの花。花が咲いて2週間後に豆が収穫できます。中の実が大きくなる前のサヤをメインに食べる豆。シャキシャキの食感とほのかな甘みで栄養もたっぷり。軽く湯がいて色々なお料理に。赤い花も生でそのままお料理の飾りとしてお召し上がりいただけます。

ツタンカーメンのエンドウ

ツタンカーメンのエンドウ(紫色です)

濃い紫色をしたこの豆は、古代エジプトのツタンカーメン王の墓から出土した子孫といわれています。三千年も前の人々もこの豆を食べていたと思うとちょっとロマンチック。おススメは豆ごはん。むいたサヤの煮汁も使って炊いた豆ごはんを保温してしばらく時間を置くとアラ不思議ほんのりピンク色の豆ごはんになりますョ。

黄インゲン

黄インゲン

細長く華奢なかたちでバターインゲンともよばれます。ほんのり甘みが感じられ青臭みは少なくクセがなく、加熱してもきれいな黄色が残るので、サラダや煮物の彩りにぴったりの野菜です

さや大根

さや大根

豆みたいなビジュアルですが、冬に収穫せずに置いておいた大根のやがて種になる実の部分です。お召し上がりいただくと、「あ、ダイコン!」と納得いただけるはず。そのまま生はもちろん焼き野菜や煮物やピクルスにも。なかなかお目にかからない野菜ですがさまざまな料理法でどうぞ。

ベビーリーフミックス

ベビーリーフミックス

ルッコラ、赤からしな、赤レタス、など複数の野菜の小さな葉っぱのブレンド。サラダの主役にしてもよし、メインに添えてもよし。ご自由にどうぞ。

エディブルフラワー

エディブルフラワー

サラダやパスタ、カルパッチョなど。お馴染みのお料理にそっと添えるだけで華やかな食卓に!もちろんドリンクやデザートにもぴったりです。今回はビオラとナスタチウムを中心に色とりどりのお花たちです。

リーフレタス

リーフレタス

サニーレタスをはじめ、ギザギザな葉っぱが特徴のオークレタス、ロメインレタスなど丸く結球しないレタスの仲間たち。鮮やかな緑と赤を組み合わせ。フワフワシャキシャキ、ちぎって盛ってサラダの主役です。

イタリアンパセリ

イタリアンパセリ

メイン料理にそっと添える彩に。海老などの魚介ソテーに刻んだイタリアンパセリを振りかけると、フレッシュな香りが広がり、素材の旨味が引き立ちます。ほんのり苦みとさわやかな香り。ビタミン、ミネラルも豊富です。

ラディッシュ

ラディッシュ

お馴染みの野菜。生でサラダに入れるのが定番ですが、半分に切ってバターしょうゆソテーが圃場長のおすすめ。
《シェフのおすすめ》BBQの焼き野菜はもちろんですが、切らずにそのまま魚焼き器などでシンプルにグリルするのがすごくおいしい!爽やかな大根が、すっきりと箸休めになるそうです。

エシャロット

エシャロット

らっきょうの仲間です。生でマヨネーズや味噌をディップして食べるとパリッとした歯応えのみずみずしい味わいです。生のピリッとした程よい辛味、火を加えたホクホク感と甘さを食べ比べてみて下さい。葉の部分もオイシイです。

ズッキーニ(6月~)

ズッキーニ(6月~)

もうお馴染みの野菜になってきました、ズッキーニ。かぼちゃの仲間です。旨味をぎゅっと吸う厚めスライスのソテーが定番です。しっとりした食感がおいしいズッキーニ。お花やベビーズッキーニもお料理に活躍。
《シェフのワンポイントアドバイス》すっきりと楽しみたいときは、油をはじく料理法を!衣をまとわせる天婦羅のほか、さっとゆでて塩昆布と和えて漬物のように楽しむのもおすすめです。

コリンキー(6月中~)

コリンキー(6月中~)

皮も柔らかく、生で食べられるサラダかぼちゃ。扱いやすいから、さっとサラダやスープが定番です。コリコリとした食感で、なで肩のぽってりとした形がキュート!熟すと黄色からオレンジ色になり加熱用のカボチャとしても美味。

オニオンヌーボー(赤タマネギ)

オニオンヌーボー(赤タマネギ)

玉ねぎが大きくなる手前の葉がまだ柔らかいうちに収穫します。是非葉っぱまるごと召し上がって下さい。そのままスライスしてサラダやマリネに、小さいものは半分に切ってじっくりグリルで甘みを引き出すのもおすすめです。

pagetop