ぶどう園もと

ぶどうの森のはじまりの場所、
豊かな自然の中に囲まれた
自慢のぶどう畑です

「ぶどうの森」という名前のとおり、すべての始まりともいえるのがぶどうの栽培・直売でした。
お菓子、レストランと様々と事業を展開した今でも、そしてこれからもぶどうの森にとって「ぶどう園」は特別な存在です。
そんなぶどう園のこと、またそこで生まれる自慢のぶどうたちをご紹介します。

ぶどう園もとのこと

ぶどう園もと ぶどう園もと
広大な畑でのびのび育つ
色形とりどりの自慢のぶどう

豊かな緑が広がる金沢市岩出町。そのなかの約6000坪という広大な敷地でぶどうをのびのびと育てています。
通常一つの農園で栽培する品種は5~6と言われる中で、ぶどう園もとでは毎年60を超える品種を作っています。

ぶどう園もと ぶどう園もと
ぶどうへの愛情と情熱あふれる
プロフェッショナル

ぶどう園もとは、ぶどうへの愛情と情熱あふれるメンバーたちによって構成される少数精鋭のチームです。
「毎日ぶどうと向き合いながらできることを精一杯積み重ねていくこと。」と語るぶどう園のリーダー白井睦のもと、今日もストイックな姿勢で最高のぶどう作りに励んでいます。

ぶどう品種のご紹介

写真をクリックで詳細をご覧いただけます

なし

デラウェアー

デラウェアー

デラウェア

デラウェアー

なし

19世紀中頃、米国において偶然に実生から発見された品種。 日本には明治15年に導入されるが、20世紀の中頃から生産高1番を守ってきた。 しかし21世紀に入ると「巨峰」にその位置を明け渡すこととなる。 けれども今でも「種無しぶどう」と言えばこの品種を指し、子供から高齢者に至るまで日本人に最も愛される品種であろう。 本来は8月下旬頃に収穫されるのだが、種無しにするためのジベレリン処理で約1ヶ月収穫が早まり、そのため最も収穫時期の早い品種となっている。 赤色小粒。

■原産地(作出者):アメリカ
■収穫期:7月~8月

ニューヨークマスカット

ニューヨーク
マスカット

ニューヨークマスカット

ニューヨークマスカット

ニューヨーク農業試験場で生まれた。両親はオンタリオ×マスカットハンブルグ。収穫時期が非常に早く糖度も高い。 特徴はなんと言っても父親のマスカットハンブルグから引き継いだ素晴らしい香り。 ジベレリンを使っても種無しになりにくく、黒色で中粒とやや華やかさには欠けるが、味と香りで収穫初期に魅了してくれる大切な品種。 黒色中粒。

■原産地(作出者):ニューヨーク農業試験場
■収穫期:8月上旬~

なし

アーリースチューベン

アーリー
スチューベン

アーリースチューベン

なし

アーリースチューベン

別名バッファロー。ニューヨーク農業試験場で作出された。 甘味が強く米国系特有のラブラスカ香を持ち、収穫時期も早く、栽培しやすい品種だが、果皮が弱く裂果し易い。 又果軸が細い為輸送後の見栄えが悪くなりやすい欠点も持つ。ジベレリン処理にて種なしとなり、8月上旬から収穫される。 発送よりも直接受け渡しがお勧め。黒色中粒。

■原産地(作出者):ニューヨーク農業試験場
■収穫期:8月上旬~

なし

ヒムロッド・シードレス

ヒムロッド・
シードレス

ヒムロッド・シードレス

なし

ヒムロッド・シードレス

ニューヨーク農業試験場で作出された極早生種。皮はちょっと厚めで、この品種特有の香りを持つ。 ぶどうは種があるのが普通だが、中には初めからの種無しの品種(シードレス)もあり。 主にカリフォルニアやオーストラリアにて干しブドウ用に栽培されている。 そのためか、粒が小果梗から離れ易く、収穫後時間経過でぽろぽろと落ちやすい。黄緑色中粒。

■原産地(作出者):ニューヨーク農業試験場
■収穫期:8月中旬~

なし

安芸クイーン

安芸クイーン
(アキクイーン)

安芸クイーン

なし

安芸クイーン(アキクイーン)

広島にある国の農業試験場で巨峰の実生から生まれた。鮮やかな赤でオリンピアの食味を持つ。 種無しにもなり、国が作出した品種の中では誠に秀逸で魅力的な品種である。 けれども肝心の着色が地域によって差があり。 南よりも北が良く、県内においても差が大きく、その中でも当園の着色は土壌、温度があっているためか、 非常に良好であると高い評価を受けている。赤色大粒。

■原産地(作出者):広島農業試験場
■収穫期:8月中旬~

オリンピア

オリンピア

オリンピア

オリンピア

沢登氏が巨峰×巨鯨の交配で1953年作出。 蜂蜜ぶどうと異名を持ったこの品種は、その鮮やかな紅色と蜂蜜にも似た味わい、枇杷にも似た香りをもち、 赤色の最高級品種として我々を魅了し、30年ほど前は多くの栽培者をみた。 けれども花振い、着色困難、裂果が激しいなど栽培者泣かせで、現状においては希少的な品種となっている。 当園でも縮小気味で僅かとなってはきたが栽培を続けている。赤色大粒。

■原産地(作出者):沢登氏
■収穫期:8月中旬~

なし

サニールージュ

サニールージュ

なし

サニールージュ

サニールージュ

ピオーネ×レッドパール。デラウェアを大粒大房にしたような品種。 米国系品種が持つ独特のラブラスカの香りが強い。赤色中粒。

■原産地(作出者):農水省
■収穫期:8月中旬~

紅伊豆

紅伊豆
(ベニイズ)

紅伊豆

紅伊豆(ベニイズ)

紅冨士の枝変わりで、鮮紅色。ぶどう棚に垂下する姿は見事で房型が綺麗に仕上がる品種である。 果肉柔らかく多汁。糖度高く、香りも強いが、果皮が弱く輸送中に裂果や、脱粒しやすい。 当園ではブライダル会場ともなるレストラン ル・バンケの天井をおおっていて、そのガーデンも永く姿を楽しむことができる。紅色大粒。

■原産地(作出者):井川氏
■収穫期:8月中旬~

皮ごと
OK

リザマート

リザマート

皮ごと
OK

リザマート

リザマート

ロシア(旧ソ連)で作出された。カッタクルガン×パルケント。 皮ごと食べられ、パリッとした食感はぶどうのイメージを変えてしまうほどの驚異的な品種。 酸が少なく、香りはなく、食味は最高級品質と言ってよく、一粒でも満足していただけるだろう。 当園でも人気No.1の品種であるが、果皮が薄いだけに雨に弱く、収穫期の空中湿度が高いだけで裂果をおこす湿潤な日本では栽培も難しく、 年によっては収穫皆無となることもある。鮮紅色から紫紅色への変化も綺麗な長楕円大粒種。

■原産地(作出者):旧ソ連
■収穫期:8月中旬~

マスカット甲府

マスカット甲府

マスカット甲府

マスカット甲府

植原氏作出の中粒であって中房で外観は特別魅力的でもないこの品種がいまだに当園で栽培されているのは、香りの魅力である。 アレキサンドリアをしのぐほどのマスカット香を持つ品種。 ネオマスカット×ケニーギン デル ワインガルデン(ハンガリー生まれの早生種)。黄緑色中粒。

■原産地(作出者):植原氏
■収穫期:8月中旬~

皮ごと
OK

紅バラード

紅バラード

皮ごと
OK

紅バラード

紅バラード

最高級品種であるリザマートに形色とも良く似るがリザマートよりは雨に強く割れにくい。 味も着色も良いが種が多い。紫紅色長楕円大粒。

■原産地(作出者):米山氏
■収穫期:8月中旬~

なし

黄玉

黄玉
(オウギョク)

黄玉

なし

黄玉(オウギョク)

枇杷やひょうたん型など形がユニーク。香り良く最高糖度25度にも達するものがある。白黄色倒卵型大粒種。

■原産地(作出者):植原氏
■収穫期:8月中旬~

なし

皮ごと
OK

コウノスケ

コウノスケ

なし

皮ごと
OK

コウノスケ

コウノスケ

当園にて交配し種無し栽培を行う。カッタクルガン×ロザキ。洋ナシ型だがピーマンのように波打っている。 若木の時は皮が薄かったのだが年を重ねるとともに厚みが出てきた。黄緑色大粒。

■原産地(作出者):本 昌康
■収穫期:8月中旬~

なし

藤稔

藤稔
(フジミノリ)

なし

藤稔

藤稔(フジミノリ)

ピオーネを父親とする、現状において日本はもちろん、世界最大粒の大きさを誇る品種。 又ジベレリン処理により種無しとなり、こちらも最大粒となる。大粒なだけに味も大味になり易く、又大粒ゆえに裂果し易い。 最高の味を求めて棚にぎりぎりまで残すことにより、収穫間際に裂果し、房型が歯抜け状態で悪くなることもあるが、 品種の実力を最大限に引き出すがためと御理解いただきたい。紫黒色巨大粒。

■原産地(作出者):青木氏
■収穫期:8月中旬~

なし

ピオーネ

ピオーネ

なし

ピオーネ

ピオーネ

巨峰を進化させた品種。 (巨峰×カノンホールマスカット)で、粒張り、房型、肉質、香りで巨峰をはるかにしのぎ、ジベレリンでの無核化で更に大粒となる。 尚カノンホールマスカットはアレキサンドリアが巨大化した(4倍体)品種。黒色巨大粒。

■原産地(作出者):井川氏
■収穫期:8月中旬~

なし

シナノスマイル

シナノスマイル

なし

シナノスマイル

シナノスマイル

高墨(巨峰の優良選抜)の実生。鮮紅色巨大粒種。

■原産地(作出者):反町氏
■収穫期:8月下旬~

なし

ハニービーナス

ハニービーナス

なし

ハニービーナス

ハニービーナス

紅瑞宝×オリンピア。黄緑色大粒。

■原産地(作出者):安芸津農業試験場
■収穫期:8月下旬~

ノースレッド

ノースレッド

ノースレッド

ノースレッド

セネカ×キャンベル。赤色中粒。

■原産地(作出者):安芸津農業試験場
■収穫期:8月下旬~

ノースブラック

ノースブラック

ノースブラック

ノースブラック

セネカ×キャンベル。黒色中粒。

■原産地(作出者):安芸津農業試験場
■収穫期:8月下旬~

なし

ルビーロマン

ルビーロマン

なし

ルビーロマン

ルビーロマン

藤稔の実生苗。赤色葡萄で最大粒。 2009年秋当園で栽培された種無しのルビーロマンは大変厳しい規格をクリア―しプレミアムに認定され、 石川中央市場にて1つの果実に付けられた値段としては過去最高の25万でセリ落とされた。ちなみに1房には25粒あり960gで、一粒平均が40g弱。 この年のプレミアムはこの1房だけであった。(写真は500円玉との比較)赤色巨大粒。

■原産地(作出者):石川県砂丘地試験場
■収穫期:8月下旬~

なし

ブラックビート

ブラックビート

なし

ブラックビート

ブラックビート

藤稔×ピオーネ。紫黒色大粒。

■原産地(作出者):植原氏
■収穫期:8月下旬~

皮ごと
OK

マニキュアフィンガー

マニキュア
フィンガー

皮ごと
OK

マニキュアフィンガー

マニキュアフィンガー

指のように細長く粒の先端が赤く染まる品種。ユニコーン×バラディ。まるで女性がマニキュアを付けた指先のように見える。 付け根は黄色。先細り長楕円大粒。

■原産地(作出者):植原氏
■収穫期:8月下旬~

なし

巨峰

巨峰

なし

巨峰

巨峰

現状日本で最も多く栽培されている品種。 大井上康氏が石原早生×センテニアルの交配により1942年に誕生させた巨峰は約60年の時を経てデラウェアを退け日本におけるぶどうの王様となった。 粒の大きさは10~12gでかつては大粒と評価されたが、現状では30~40gにもなるぶどう品種の出現で大きさへの評価は低くなってきているが、 ジベレリンによる種無しが進み、種無し巨峰が主流となっている。黒色大粒。

皮ごと
OK

ゴールドフィンガー

ゴールドフィンガー

皮ごと
OK

ゴールドフィンガー

ゴールドフィンガー

ピッテロに良く似る黄金色の品種。肉質が柔らかいのがやや気になるが、やたらに甘く香りも良い。 ジベレリンで種無しともなり黄色細長い指型。

■原産地(作出者):原田氏
■収穫期:9月

なし

皮ごと
OK

オリエンタルスター

オリエンタルスター

なし

皮ごと
OK

オリエンタルスター

オリエンタルスター

(スチューベン×アレキサンドリア)×ルビーオクヤマの交配種。 肉質が崩壊性で硬く香りはない。紫赤色で長楕円大粒種。

■原産地(作出者):安芸津農業試験場
■収穫期:9月

ウインク

ウインク

ウインク

ウインク

黒色長楕円大粒。

■収穫期:9月

なし

皮ごと
OK

シャインマスカット

シャインマスカット

なし

皮ごと
OK

シャインマスカット

シャインマスカット

2010年代からの緑のぶどうはこの品種が主役であろう。全国で植え付けが進み、一気に市場に出回ってくるはずである。 1988年に生まれたこのぶどうは親の素性が素晴らしく(スチューベン×アレキサンドリア)×(カッタクルガン×甲斐路)、 肉質硬く崩壊性があり食味優れるが、何といってもマスカット香がありしかも果皮が薄く皮ごと食べられる。 ジベレリンで種無しとなり、種なし皮ごとのマスカットの誕生である。 このぶどうの出現で葡萄のお菓子への活用が大きく伸びる事であろう。緑色楕円大粒。

■原産地(作出者):安芸津農業試験場
■収穫期:9月

なし

ゴルビー

ゴルビー

なし

ゴルビー

ゴルビー

ゴルバチョフが活躍の頃に植原氏作出。赤色の巨大粒のぶどうとしてはルビーロマン出現前はこの品種が最も有望な品種であった。 食味実に良い。赤色巨大粒。

■原産地(作出者):植原氏
■収穫期:9月

なし

翠峰

翠峰
(スイホウ)

なし

翠峰

翠峰(スイホウ)

ピオーネ×センテニアル。日本の葡萄育種では巨大粒を求めて品種交配は続けられている現状、黄緑の一番がこれである。 香り食味とも優れる。黄色巨大粒。

■原産地(作出者):福岡農業試験場
■収穫期:9月

タノレッド

タノレッド

タノレッド

タノレッド

強いラブラスカの香り(ファンタグレープ)の香り)が特徴の品種。新潟の田野氏が作出し、 1960年代全国に広がったが今は希少品種となっている。 果肉は柔軟で多汁。当園では直売所前に古木が栽培されている。赤紫色中粒。

■原産地(作出者):田野氏
■収穫期:9月

赤嶺

赤嶺
(セキレイ)

赤嶺

赤嶺(セキレイ)

三沢氏が発見した甲斐路の枝変わり品種。1970年代人気を博した甲斐路は黄色が入った赤色だったが、 より赤色が強く熟期が早かったのでこちらの品種が伸びてきた。 枝変わりとは本来持つ形質と違うものが現れた枝を指し、その枝を接ぎ木して増殖したもの。赤色卵形大粒。

■原産地(作出者):三沢氏
■収穫期:9月

スチューベン

スチューベン

スチューベン

スチューベン

非常に甘く作り易い品種ゆえに当園では加工用にも使われている品種。 ぶどうの森のジュースやジャムはこの品種から生まれる。 ぶどうの森・本店入口の駐車場やラ・ヴィーニュ店内などあちこちにある。 このぶどうは粒を揃える作業の必要はなく、自然のままにぶどうらしい(?)葡萄の房型となる。黒色中粒。

■原産地(作出者):ニューヨーク農業試験場
■収穫期:9月

皮ごと
OK

シトロンネル

シトロンネル

皮ごと
OK

シトロンネル

シトロンネル

放置すると2kgの房になるほどで粒が先細りで美しい。肉質締り食味良く香りはない。 果皮がやや残る感じはあるが皮のまま食べることをお勧めしたい。ぶどうの森・本店の入口駐車場奥の方にある。黄緑色大粒。

■原産地(作出者):フランス
■収穫期:9月

黒バラード

黒バラード

黒バラード

黒バラード

黒色大粒。

■収穫期:9月

なし

皮ごと
OK

スカーレット

スカーレット

なし

皮ごと
OK

スカーレット

スカーレット

植原氏作出。ロザリオロッソ×シャインマスカット4号。外観にボリューム感があり、親のシャインマスカットを超える大粒になる。 品種名は緋色を意味する「スカーレット」。名作映画「風と共に去りぬ」の主人公スカーレット・オハラのイメージから。 シャインの子供の中でも期待の品種である。鮮紅色~紫紅色楕円形大粒。2019年初生り。

■原産地(作出者):植原氏
■収穫期:9月

なし

皮ごと
OK

マイハート

マイハート

なし

皮ごと
OK

マイハート

マイハート

志村氏作出。ウインク×シャインマスカット。ハート形のとてもユニークな品種。 半分にカットするとよりハート形を楽しむことができる。将来的には洋菓子活用が見込まれる品種である。2018年初生り。

■原産地(作出者):志村氏
■収穫期:9月

店舗情報

ぶどう園もと

ぶどう園もと

営業時間 9:00~17:00頃(無くなり次第)
定休日 夏季のみ(7月中旬頃~9月末頃)営業
※期間中定休日なし
所在地 金沢市岩出町ハ50-1
電話番号 076-258-0202
Google Map