menu

金沢・ぶどうの木

NEWS & TOPICS

ニュース&トピックス

洋菓子工房

冷たいスープは夏の身体の救世主!地元農業仲間の素材にレストランのひと手間を加えた「地物素材スープ」3種がおすすめ

2021.07.26

…暑い。

他に言葉を知らんのか!と思うくらい、口を開けばこぼれる7月の終わり。
生きぬくために水分は補給しても、固形物はのどを通りにくい、という方も多い気がします。

こんなときに頼れるのが、冷たいポタージュ。
咀嚼(そしゃく)不要、素材の栄養も溶け込んだ優れもの。

実はぶどうの木の「地物素材スープ」はHOTはもちろん、ひんやり楽しむのもおすすめです。
そんなわけで今回のトピックは、この時期にぜひご活用いただきたいポタージュ。
地元の農家さんから頂く確かな素材に、レストランの技術をプラスした自慢の3種類をご紹介します。

3種類の地物素材スープ。夏は冷やしてそのまま楽しむのもおすすめです。

五郎島金時の焼き芋ポタージュ  411円

ひとてまかけて焼き芋にするから、甘みが強くなります。
加賀野菜のひとつ、さつまいも。日本海に面した砂丘地で、通気性・保水性に富む砂粒の土壌が、格別に美味しいさつまいもを育んできたとか。そのほくほくの食感は地元では「ごぼごぼ」と評されるのも有名です。(※「五郎島金時」は、現在登録商標があり、指定農家が出荷するさつまいもだけが、これを名乗ることができるそうです。)

この商品では農業仲間の河二(かわに)さんよりいただいた五郎島金時を使用していますが、それには大きなひと手間が。それは、五郎島金時にじっくりと火を通してこんがりとした焼き芋をつくっていること! その焼き芋の皮を丁寧に剥いて作られるペーストには、芋の甘みと滑らかな食感が引き出されています。その美味しさを引き立てるように、ほど良い塩味と軽やかなミルクのコクをプラスして、味を整えました。

かわにさんの焼き芋五郎島金時ペーストをと使用した「五郎島金時の焼き芋ポタージュ」

味平かぼちゃのなめらかポタージュ  411円

加賀農業協同組合さんの夢が詰まった「味平かぼちゃ」
「加賀地区の特産品となる美味しいかぼちゃをつくろう!」
そんな思いで集まった有志の農業仲間が注目したのがこの味平かぼちゃ。近年では、栽培技術の向上に取り組み、近年ではコクのある甘みとほくほくした食感に高い評価があります。(てるこさんのカステラで使用している打越製茶組合の吉田さんも味平かぼちゃを作っています)

ぶどうの木はこのかぼちゃ本来のまろやかな美味しさを楽しめるなめらかなポタージュに仕立てました。もしかすると、少し深みのある色になったり、スープの中にも黒い粒がみえますが、かぼちゃの皮ですのでご安心を。

加賀農業協同組合さんの味平かぼちゃを使用した「味平かぼちゃのまろやかポタージュ」

加賀れんこんの粗ごしポタージュ 411円

若き蓮根農家の新しいチャレンジ
こちらも加賀野菜のひとつ、加賀れんこん。「蓮だより」の川端さんは、金沢市才田地区で「加賀れんこん」作りに力を注ぐ金沢育ちの農業青年。
「味も栄養もしっかり詰まった昔ながらの美味しい野菜を作りたい!」の思いを胸に、川端さんのれんこんは農薬一切不使用、地道で丁寧な土づくりが実を結んだもの。強い粘り気とさくっとした食感、濃厚な味わい、そして安心して食べられる確かな品質がなにより魅力です。このれんこんの本来の美味しさを大事に、ぶどうの木が風味豊かなポタージュに仕立てました。

「五郎島金時の焼き芋ポタージュ」や「味平かぼちゃのなめらかポタージュ」とは異なり、歯ざわりが楽しめる粗ごしタイプ。粘り気のあるれんこんを使っている割に、スープ自体はすっきりとした飲み口。玉ねぎとコンソメの旨みをベースに、れんこんの風味がプラスされた深みのある味わいです。
ただし、れんこんという素材の特性上やや暗い色のスープになっています。また、スープの中にも黒い粒がみえますが、レンコンの皮・香辛料の一部ですのでご安心を。

川端さんの蓮根を使った「加賀れんこんの粗ごしポタージュ」

冷やして楽しむための美味しいお召し上がり方

お召し上がり方、、というほどでもございません。
冷やしておいたスープに、お好みで冷えた生クリームまたは牛乳を加えてください。
仕上げにオリーブオイルや粗びき黒胡椒を少々、パセリをひと振りすると、ワンランクアップした味わいと雰囲気をお楽しみいただけます

さらにランクアップ!アレンジレシピ

ぶどうの木のドレッシングやパスタソースの開発を担当する前田常務から、スープを使ったとっておきアレンジメニューレシピをつくってもらいました。せっかくなのでご紹介!
イタリアンリゾートな空気漂う洋風メニューです。よかったらお試しください。

五郎島金時とアスパラのスープリゾット(2人前)

[材料]
・五郎島金時スープ・・・・・・・・1袋
・冷ごはん・・・・・・・・・・・・茶碗2杯分
・茹でアスパラ・・・・・・・・・・2本
・パルメザンチーズ・・・・・・・・大さじ2杯
・塩・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/4
・ブラックペッパー・・・・・・・・適宜
・EXバージンオリーブオイル・・・・適宜

[作り方]
1冷ごはんを水で洗い、ザルで水を切って置きます。
2鍋に1と五郎島金時スープを入れ中火で沸騰させ1分煮込みます。
32に塩、パルメザンチーズ、茹でアスパラをカットして軽く混ぜ合わせます。
43を皿に盛り付け、ブラックペッパーとEXバージンオリーブオイルをかけて出来上がり。

イタリアンな気分を満喫できるリゾットは、五郎島金時ポタージュを活用して。

いかがでしょうか。
地物野菜スープは、ご自宅用はもちろんですが、ドレッシングやパスタソースと合わせたギフト商品としても人気です。さまざまなシーンでご活用いただければ幸いです。


pagetop