ニュース&トピックス

お知らせ

ぶどうの森・本店

3/16はぶどうの森マルシェへ!見どころのご紹介①:出店者さんブース

2024.03.11

「能登とつながろう!」をテーマに開催する今回のぶどうの森マルシェ、開催日までいよいよ1週間を切りました。
そこで今回は各ブースのおすすめ紹介です。被災した中でわざわざ駆けつけてくれる仲間や、何とか能登の力になりたいと手を挙げてくれた仲間が大集合してくれます。ご覧いただき、能登に思いを馳せながら当日を楽しみにしていただければ幸いです。

ぶどうの森マルシェ 出店者さんブースのご紹介

[グルメ部門]
レイジーブラザーズロースター」さん
狩女(カリジョ)の会」さん
じゅげむ」さん
西洋郷土菓子あいりす」さん
おうちカフェ Ring りん」さん
ひらみゆき農園」さん
ウィークエンド・カフェ」さん
テンプルファームストア 」さん
[ファーマー部門]
ぶるベジ」さん
井口グリーンワークス」さん
農事組合法人のとっこ」さん
[クラフト部門]
miemmer(ミィマー)」さん
エビス文具店」さん
HALO(ヘイロー)」さん
tasola(タソラ)」さん
八伸化成株式会社」さん     
数秘術診断」さん

[グルメ部門]

レイジーブラザーズロースター」さん(鳳珠郡穴水町)

内容/ドリップコーヒー、コーヒー豆、ドリップパックの販売
ぶどうの森マルシェでもおなじみ、穴水の珈琲屋さん。お店も住宅も損壊されたそうですが、だめかと思っていた珈琲の焙煎機が動き出してくれたため今回の出店を決心してくれました。あの豊かな香りが会場に広がるかと思うと楽しみです。
レイジーブラザーズロースターさんのクラウドファンディングはこちら

以前に出店くださったときの「レイジーブラザーズロースター」さんのブース。辺りは珈琲のよい香りに包まれました。

狩女(カリジョ)の会」さん(鳳珠郡穴水町)

内容/ジビエを使った美味しい保存食(カレーなど)
女性ならではの狩猟を色々な目線で活用していく狩女の会。主催のジビエふじこさんはマルシェでもおなじみのメンバーです。会の拠点とともに始めたばかりの農家民宿「富士SUN」も全壊してしまったそうですが、改めて能登の支援を行うための活動拠点ともなる「アクティブ富士SUN」として再建するプロジェクトを始動!そんな中で今回も出店の快諾をいただきました。ジビエの魅力を存分に伝えてくださいます。
狩女の会主催のジビエふじこさんのクラウドファンディングはこちら

じゅげむ」さん(羽咋郡宝達志水町)

内容/ラーメン(ぶどうの森マルシェ限定まぜそば)、ドライフラワー販売
「じゅげむ」さんはラーメン店で、オーナーの渡邉さんは大阪のご出身。「自分でも誰かの何かの役にたてないか」と移住を考え、ご縁があって石川県で移住&起業されました。
以前は居酒屋をされていましたが、コロナ禍をきっかけにラーメン屋さんに転換、そして被災。大変な思いをされた中で、今回ぶどうの森マルシェへの出店を快諾してくださいました。
当初クレープやぜんざいを検討されていましたが、ぶどうの森スタッフからの熱いラブコールもあり当日限定!ぶどうの森のためのスペシャルまぜそば✨にチャレンジしてくださることになりました!
じゅげむさんのクラウドファンディング情報はこちら

じゅげむさんのお店で提供されるラーメン。ラーメン好きの米田シェフも太鼓判を押す美味しさ。

西洋郷土菓子あいりす」さん(羽咋郡宝達志水町)

内容/薬剤師のパティシエが作る身体にやさしいフランス伝統の焼き菓子の販売桑の葉粉茶
薬剤師さんの元尾さんが作るのは、非常に美しく美味しく身体にやさしいのはもちろんのこと、文化が香るお菓子。西洋の伝統や暮らしの一部が垣間見えるような楽しさがあります。
地震ではお店は比較的被害が少なかったとのことで、地震発生当初は水やトイレを地域のみなさんに提供するなど、積極的な支援活動をされていました。

お店ではイタリア、ベルギー・スウェーデンのお菓子も取り扱われているそうですが、マルシェではフランス菓子を中心に「桑の葉粉茶」も一緒にご用意くださる予定です。

マルシェに持ってきてくれる予定の焼き菓子たちの画像をいただきました!とってもおいしそう。

おうちカフェ Ring りん」さん(金沢市)

内容/能登の麹を使った発酵スイーツ(ドーナツ・ドリンク)の販売
昨年のマルシェでも出店くださった「おうちカフェRing」さん。さっくさくのドーナツはいらないものが入っていないと食べただけでわかる優しい美味しさで大人気でした。
今回は能登支援のために能登素材を中心にセレクト。能登の麹を使ったドーナツや、能登食材を使ったベーグル、おにぎらず✨をご準備くださる予定です。

ひらみゆき農園」さん(鳳珠郡能登町)

内容/焼き立てクレープの販売キッチンカー
ブルーベリーを栽培するひらみゆき農園さん。(インスタはこちら)多大な被害を受けられましたが、復興にむけて一歩ずつ進まれています。そしてその力強いサポーターが「ウフフドーナチュ」さん。ひらみゆき農園さんの商品の受注や包装、発送、オンラインストアの代行もされているとのこと。今回のぶどうの森マルシェ出店においても窓口となってくださいました。

ご相談いただいた結果、今回は農園のスタッフの方がキッチンカーで参加!焼き立てクレープを販売してくれることになっています。

ウィークエンド・カフェ」さん(羽咋市)

内容/テイクアウトフード、焼き菓子、ドリンク(キッチンカー)
レストラン「ラ・クロシェット」さんに併設する焼き菓子店「ル・ウィークエンド」さん。レストランの被害が大きく、しばらくはル・ウィークエンドさんもお休みされていましたが、今はお店も再開。今回はキッチンカーで参加くださることになりました。「ウィークエンド・カフェ」は、キッチンカー出動時のお名前です。
用意してくれるフードメニューはタコライス!ドリンクはレモネード、チャイ、ホットワイン、その他に焼き菓子も持ってきてくれるとのこと。とっても楽しみです!

テンプルファームストア 」さん(羽咋市柴垣町)

内容/壺焼きで作る「壺焼き芋」、お芋加工品の販売
お友だちの「ぶるベジ」さんのご紹介でこの度出店くださることになりました。お住まいが損壊されたそうで、そんな中でのご出店に感謝するばかりです。壺の中で焼く「壺焼き芋」のほか、干し芋やチップスの加工品も持ってきてく出さる予定です。
壺の中で黄金色に焼きあがる「壺焼き芋」、とろける甘さであることが想像できて今から楽しみです。

[ファーマー部門]

 「ぶるベジ」さん(白山市)

内容/葉物を中心とする野菜の販売。
ぶどうの森マルシェではおなじみのファーマーさん。良質なトマトはぶどうの森の米田シェフが愛用していて、シーズン中にはタパス エ バールその他のお店で大活躍しています。
支援になればと在庫されていたトマトをたくさん寄付いただきましたので、ぶどうの森グルメブースでチャリティメニューとして活用させていただきます。
今は端境期でそれほど野菜がないとのことでしたが、今回は能登支援というテーマを聞いて参加くださることになりました。以下はいただいた情報です。
⚫︎マルシェ当日の販売品目情報
・夕採り小松菜:マルシェ前日の夕方に収穫する新鮮な小松菜。夕採りすることでエグミが少なく甘みが増すと言われています
・スナップエンドウ:鮮度劣化がとにかく早く、時間が経つにつれて食味がどんどん落ちていきます。
⚫︎スーパー等では手に入らない朝採りしたての新鮮な物を販売
・ベビーリーフ:虫が少ないこの寒い時期だけ!栽培期間中、肥料も農薬を使わずに栽培した葉物 食卓の彩に!
・先どり春野菜セット:5月初旬、まだ地物トマトが出回らず希少な時期
⚫︎[予約販売]当園で取れ始めたばかりの各種トマト&キュウリを詰め合わせた先どり春野菜セット!
  ECサイトでも期間検定(3/9~16)で受付中です→BASE SHOP https://buruveg.base.shop/

ぶるベジさんの畑ですくすく育つ葉物たち。収穫したばかりのこれらの野菜たちがマルシェに並びます。

井口グリーンワークス」さん(白山市)

内容/特別栽培のお米や大豆、野菜、加工品の販売、「五平餅」の実演販売
こちらもお馴染みのファーマーさんです。今回のテーマを聞いて農家仲間さんにもお声掛けくださり輪が広がりました。今回の野菜はキャベツが中心。そしてなんと「五平餅」もご用意くださることになりました。当日会場で焼いて提供してくれます。

以前のイベントで好評だった五平餅。今回マルシェでご用意してくれることになりました。

農事組合法人のとっこ」さん(鳳珠郡能登町)

内容/しいたけの出品
井口グリーンワークスさんのご紹介でこの度出品いただけることになりました。
高い技術と熱い気持ちのこもったのとっこさんの高品質なしいたけは、以前から米田シェフも注目していた素材のひとつ。「のとっこ」さんの魅力が伝わるように、ぶどうの森のスタッフが心を込めて販売させていただきます。
のとっこさんのクラウドファンディング、ぜひご覧ください。こちらから

お父様から受け継いだバトンであるしいたけ栽培。仲間との誠実で真摯な姿勢がしいたけに映され高品質の評を受けました。この度の地震で大きな被害を受けましたが、今は再建に向けて一歩ずつ進まれています。

[クラフト部門]

miemmer(ミィマー)」さん(金沢市)

内容/レジンのハンドメイドアクセサリーの販売
ぶどうの森マルシェでおなじみの作家さん。繊細で美しいmiemmerさんの世界が身近なアクセサリーでお楽しみいただけます。今回の注目商品をお聞きすると次のとおり、実に楽しみです。
⚫︎イベント限定の新商品「ひめりんご」:miemmer史上初の、フェイクフードのアクセサリー化です。イヤリングとピアスに展開しました。
⚫︎例年春に人気「ミモザ」:2024年2月収穫の新鮮なミモザを使用しています。こちらもイヤリングとピアスに展開。
⚫︎こちらも例年春に人気「かすみ草(白)」:昨年から人気で欠品していたかすみ草(白)のアクセサリーを追加しました。
⚫︎富良野産「ラベンダー」:2年半ぶりにラベンダーを使用したアクセサリーを作りました。(製作中は匂いに癒されました。)

エビス文具店」さん(鹿島郡中能登町)

内容/こだわり文房具と雑貨の販売
今回初めて参加してくださる「エビス文具店」さん。オーナーの熊谷さんのセレクトで集められた文具や雑貨のセンスの良さが光る人気のお店です。被災されましたが、今は営業再開されているとのこと、今回のマルシェへの出店にも快諾いただけました。
販売予定の商品はミリタリーグッズ、国内外のラベルやチケット、マルシェ袋などの紙雑貨です。

HALO(ヘイロー)」さん(金沢市)

内容/自然素材の石鹸、能登の作家によるハンドメイドの布製品、コンコントさんの焼き菓子の販売
HALOさんも昨年に続いてのご出店。実は以前開催した「ヨガ体験」の講師としてもぶどうの森では活躍くださった方ですが、守備範囲さに毎回驚かされます。

今回はオリジナルの石鹸やオイルの在庫が少ないとのことで、ご親戚のクラフト作家さんの布製品や、お友だちの洋菓子店「コンコント」さん(金沢市)の焼き菓子も一部ご準備いただくことになっています。

tasola(タソラ)」さん(七尾市田鶴浜町)

内容/革製品の紹介と販売
ハンドメイドの革小物の作家さんです。ご自宅は半壊されましたが、工房とお店は無事だったとのこと。2月以降はお店を無料セルフカフェとして、気持ちの和らげる場所にと開放されています。当日も革製品の紹介と販売をしてくださいます。
能登支援にもつながるtasolaさんのクラウドファンディングはこちら

「八伸化成株式会社」さん(羽咋郡宝達志水町)

内容/北鉄バス  & 能登にまつわる各種雑貨販売
八伸化成さんは、プラスチック成型加工を主として製品を作っている会社。小ロットでオリジナルの日用雑貨・食器容器を作ってくれます。今回は、石川県民にはお馴染みの北陸鉄道産のバス停デザインの雑貨を持ってきてくださいます。

数秘術診断(津幡町)

内容/生年月日から性質や特徴を読み解き、より良い未来を作り上げるヒントを伝えてもらえます。
毎回人気の診断ブース、今回も出店してくれることになりました。
生年月日+お名前を数字に置き換えたパーソナル診断は通常ならお1人様6,000円だそうですが、今回のマルシェでは特別お手軽診断!生年月日を主に15分2,000円で診断していただけます。
ファミリー・カップル割りもあるとのこと、これを機にお互いの特性を知ることでより良いお付き合いができるように占ってみてはいかがでしょうか?

ここまでが、出店者さんのご紹介です。
このほかにぶどうの森のお店も美味しいグルメや楽しい出し物をご準備しています。
それは次の記事でご紹介しますので、ぜひこちらもご覧ください。


お得な会員サービス 公式LINEアカウント ぶどうの森ポイントカード