ニュース&トピックス

イタリアンカフェ本店

レ・トネルのシニアソムリエ監修!自然の恵みを凝縮した新・カフェドリンクで大人のくつろぎ時間を演出。

2022.07.27

カフェに求めるもの、それは「くつろぎ時間」である。
さりとて、くつろぐだけなら、家でも車の中でも公園でも、できる。しかしカフェにおける「くつろぎ時間」とは、そこに非日常というエレメントが備わっていなければならない。

…という勝手な信条に加えて、いつも当店をご利用くださる「大人」のみなさまに満足いただきたい!と考えるイタリアンカフェぶどうの森 本店です。

「窓外に広がるぶどう棚」というロケーションは非日常としても、それにふさわしいカフェドリンクは何か、、、と考えた末に、農園や地の恵みを凝縮したドリンクであろう、というところにたどり着きました。
監修は、「ミシュランガイド北陸版2021」や舌の肥えたフーディたちからも評価を受けるレストラン レ・トネルの福島シニアソムリエ。かなりマニアックで蘊蓄(うんちく)が長くなるメニューですが、レ・トネルクオリティを気軽にお楽しみいただけるプレミアムドリンクに仕上がりました。早速ご紹介いたします。

まるでぶどう園の中にいるような空気が広がるイタリアンカフェ 本店の店内

ティタイムまでのおすすめ【~15:00】

光が差し込むぶどう棚の下で過ごす昼下がりのひと時に。
心ほぐれる大人のやすらぎドリンク       

●ぶどうの森のクラフトコーラ 770円(税込)

自家製のコーラベースに空気をたっぷり含ませた炭酸を注いで、フレッシュなレモン、自社農園のミントを添えました。

こだわり:心地よい香りとスパイス漂う自家製のコーラベース

コーラナッツは熱帯西アフリカ原産のアオイ科コラノキ属コラノキの種子。コーラの主原料とされていますが、ぶどうの森ではコーラナッツの代わりに同じアオイ科の「カカオノキ」を選定。
カカオノキは、チョコレートでもおなじみの「カカオ」の木。この実からカカオが生まれるのですが、ここで使うのはチョコレートの原料となるカカオ豆を覆っている固い殻。緑のぶどうのクリームサンドでも使用している「アマゾンカカオ」の殻や、ビーントゥバーをされている仲間からいただいた殻を粉砕して使っています。
これを水に漬けて香りを抽出したら、レ・トネルのシニアソムリエが厳選したスパイス、重厚感のある島砂糖も一緒にじっくり煮込んで、特製のコーラベースを作ります。
それを炭酸で割ったクラフトコーラでは、華やかなスパイスにふわりと広がるカカオ香を楽しめます。一般的な「コーラ」ではないものの、それによく似た躍動感とまろやかさがバランスよく表現されています。

使用しているスパイス。下から時計周りで、カカオの殻、馬告(マーガオ)、カルダモン、コリアンダーシード、シナモンスティック。

●農園苺のフローズン 820円(税込)

自社農園で収穫した「紅ほっぺ」苺を使用。その冷凍果実にクランベリー果汁を加えて攪拌。自家製のラズベリージャム、ホイップクリームを2回重ねて、最後に練乳ソースをかけて仕上げました。ベリーの華やかな香りと凝縮した甘み、心地よい酸味が、まろやかなホイップクリーム&練乳でさらにコク深くなりました。見た目のコントラストは言わずもがなの美しさ。ストローで混ぜながら色・味わいの変化もお楽しみください。

こだわり:ぶどうの森農園の苺

ぶどうの森のブログ記事でもたびたび登場した苺。今はシーズンオフですが、今春本店敷地内で栽培されて収穫したものを、冷凍保管してありました。今回はそれを活用しています。

本店敷地内で栽培する苺。今春はケーキやパフェで大活躍しました。

ティタイムからのおすすめPICK UP【14:00~】

フレンチレストラン「レ・トネル」からのスピンオフ。
お食事がもっと楽しい!森が薫るノンアル・ペアリング

フレンチレストラン「レ・トネル」ではドリンクとお料理の組み合わせを楽しんでいただく「ペアリング」を提案しています。中でも、評価が高いのは、店内の蒸留器を使用して抽出する植物の薫りを活かしたオリジナルのノンアルコールドリンク。イタリアンカフェでも気軽にお楽しみいただけるサイズと価格でご用意しました。アルコールに負けない、新しい美味しさと感動をお楽しみいただけるでしょう。

ぶどうの森のバジルビール 770円(税込)

おすすめのペアリング:トマトソースを使ったお料理
→マルゲリータ(ピッツァ)、マリナーラ、アラビアータ(パスタ)など

ぶどうの森農園では5月~9月の期間を通してバジルを栽培し、収穫しています。主力のスイートバジルのほかホーリーバジルもあり、農園は爽やかな香りに包まれています。
せっかくだから、これをうまくドリンクでも!ということで生まれたレシピ。葉だけでなく、茎・花をすべて常圧蒸留機にかけ、風味を取り出しました。そこへすっきりとした甘さのりんご果汁、空気をふくませたばかりの炭酸で味を整えてご用意したのが、このバジルビールです。
バジルのフレッシュな香りとビールを思わせる心地よい苦みをお楽しみください。
※本商品はノンアルコールドリンクです

本店周辺のラシェットエリアで栽培しているバジル。5月~9月ごろまで収穫できる予定。バジル摘み体験も開催予定。

森のジントニック 660円(税込)

おすすめのペアリングクリームソースを使ったお料、ケーキ、洋菓子など
→クワトロフォルマッジ(ピッツァ)、カルボナーラ(パスタ)など
→ショートケーキ、チーズケーキ、ガトーショコラ、焼菓子全般

白山市の森に自生するクロモジ、ゴヨウマツをそれぞれ蒸留して森の薫りを抽出。
ジンの香りのであるジュニパーベリー(杜松(ねず)の木の実)は、水出ししたものを蒸留して、軽く薫りを取り出すと、森の薫りにそっとブレンドして、ノンアルコール・ジンを作りました。
ここでは、エルダーフラワー香るトニックウォーターで割って、レモンを添えてご用意します。深く澄みわたる森の薫りをお楽しみください。
※本商品はノンアルコールドリンクです

オリジナルのジンの蒸留に使う植物。上から時計まわりでゴヨウマツ、クロモジ、ジュニパーベリー(杜松(ねず)の木の実)。

こだわり:レ・トネル店内で蒸留する植物の薫り

フレンチレストラン「レ・トネル」で評価が高いのは、店内の蒸留器を使用して抽出する植物の薫りを活かしたオリジナルのノンアルコールドリンク。使用する植物は、自社農園で栽培する野菜やバラなどの花、実。そして県内に自生する香木(コウボク)など。シニアソムリエの感性でブレンドされる木々、草花のフレッシュな香りが食事をさらに上質にしてくれます。

オーソドックスな常圧蒸留器。素材の力強い香りを取り出せる。画像はバジルを蒸留しているところ。
減圧蒸留器。真空状態にして低温で蒸留する。フレッシュで繊細な風味を抽出することができる。

物価上昇、感染状況、電力不足、炎暑…。
先行き不透明な2022年の夏ですが、ふと周りを見ると目に入ってくる草や虫、木々の生命力に勇気づけられる気がします。そんな自然の一部から元気をもらって結晶したドリンクたちです。皆様の安らぎと癒しのひと時にお役に立ちますように。