ニュース&トピックス

ぶどうの森・本店

爽やかバジル摘み体験7/2も開催決定、バジル満喫の保存術&レシピもご紹介します!

2022.06.29

先週初めて開催した「バジル摘み体験」は、ご好評につき次週も開催することにしました。
バジルはハーブの一種、爽やかな香りが包まれる畑での農業体験になります。至福のひとときになることは間違いありません。

とはいえ、「バジル、たくさんあってもどう使えばいいの?」と思っていらっしゃる方もいるはず。そんな方のために、今回は保管方法&ぶどうの森スタッフからの「バジルを満喫するおすすめレシピ」をご紹介します。ぜひご参考にしていたき、バジル摘み体験にもお気軽に参加いただけると嬉しいです。

リフレッシュ!爽やかバジル朝摘み体験
【日時】2022年7月2日(土)
(1)9:00~ 9:30
(2)9:30~10:00
 ※事前予約制です。

先週の朝摘みバジル体験では、親子でご参加くださいました。

バジルの保管方法はこんなにある!

そもそもバジルは保存期間が思いのほか長い!

「フレッシュバジルだから、すぐに使わないと!」と思ってしまいますが、適切な対応をとれば意外に長期間もつもの。ここでは、その保管術をご紹介します。

〇冷蔵保管の場合

湿らせたキッチンペーパーでバジルをそっと包んで、ちょうどよいサイズの密閉容器に入れてください。密閉容器がなければラップに包んでもOKです。この状態で冷蔵庫にいれていただければ1~2週間は保管可能です。

〇冷凍保管の場合

なんと!冷凍保管もOK。一度水洗いして、よく水分をふき取ってから、平たくなるように葉の向きを整えて、フリーザーパックへ入れましょう。1か月ほど保管可能です。使用するときは必要分をプチっと追って使えるので便利!

〇オイルに香りを移してオリジナル調味料に!

お好みのスパイスと一緒に容器にいれて、そこへオリーブオイル注ぎ、数日つけておきましょう。そうすれば知らないうちにバジルオイルが完成!
※バジルの葉はオイルに香りが移ったら取り出しておいてください。(4~5日間がめやす)


バジル活用レシピ、アイデア次第でなんでもOK!

小松シェフ直伝!基本のジェノベーゼ

ぶどうの森のパスタ・ピッツァなどのソースでも大活躍のジェノベーゼ。
ミキサーがあれば、あっという間に完成します。作っておけば、いろんな料理で大活躍。(…岩のりのようにごはんに載せてもおいしいです。)
そんな基本のレシピを、イタリアンカフェぶどうの森で多くのメニュー作りを手掛ける小松シェフに紹介してもらいました。

ぶどうの森ではこれまでもジェノベーゼのメニューを数多くご用意してきました。

[ジェノベーゼソースの作り方]
〇材料
・バジルの葉…100~150g
・オリーブオイル…200cc
・ナッツ(松の実、皮なしアーモンド、ピーナッツなど)…20~30g
・にんにく…1片(チューブでも可)
・塩…小さじ1
〇作り方
1.ミキサーにオリーブオイル、ナッツ、にんにく、塩を入れて混ぜる
2.洗って水分をふいたバジルの葉を加えて攪拌、ペースト状になったら完成!
3.容器に入れて保管する。冷蔵なら1週間、冷凍なら2週間くらいはOK
〇シェフからのワインポイント
・上記の材料は目安です。お好みでそれぞれ量を調整ください。
・味わいは薄目に!お料理時に調整できるように塩は控えめにしておきましょう。
・アンチョビ、チーズと合わせたお料理がおすすめです。
・冷凍するなら、製氷皿にいれて小分けにすると使いやすいです。


ぶどうの森農園 髙田さん・吉本さんから聞きました!

〇吉本さんのおすすめ1「バジルソルト」
バジルと相性の良いトマトのサラダや、じゃがバターにかければ間違いなしです。

吉本さんのバジルソルト。シーズニング感覚で気軽に使えそう!

1.バジルを洗ってよく水気をとる(そのまま少しおいて乾かす)
2.耐熱皿の上にキッチンペーパーを敷き、バジルを並べる
3.レンジで2~3分、様子を見ながら加熱する
4.粗熱をとる(乾燥が足りなければ、もう少し加熱する)
5.ビニール袋に入れて揉むと簡単に細かくなる(葉脈が気になる方は取り除く)
6.お好みの塩と混ぜる(塩と混ぜずに乾燥バジルとしても使える)

〇吉本さんのおすすめ2「新じゃがとズッキーニのジェノベーゼソース」
ぶどうの森農園で収穫した旬野菜とのコラボレシピです。
水洗いして食べやすい大きさにカットした新じゃがを、輪切りしたズッキーニとソテー。火が通ったら、ジェノベーゼソースと塩コショウで味を整えて完成!ご家族からも大好評をえたそうです。

ぶどうの森農園で収穫した素材のコラボ「新じゃがとズッキーニのジェノベーゼソース」

〇髙田さんのおすすめ「ジェノベーゼ冷ややっこ」
よく水切りした木綿豆腐がおすすめ。心地よい食感の豆腐に爽やかバジルがなんとも美味!

いろいろ述べてきましたが、乱暴に言うと「バジル=洋風の大葉」に近い気がします。
そう思うと、お肉やお魚と一緒に巻いてフライにしたり、マリネ(酢の物)に刻んで入れたり、、、とレパートリーが広がりそう。

そんなワクワクと一緒に、バジル摘み体験にも参加いただけると嬉しいです。バジルが皆様の暮らしの身近なスパイスとして活躍しますように。

収穫を待つぶどうの森農園のバジルたち。農薬や除草剤を使っていないから、虫さんたちがいるかもしれません。

ぶどうの森農園 バジル朝摘み体験

【日時】2022年7月2日(土)
(1)9:00~ 9:30
(2)9:30~10:00
 ※雨天の場合中止いたします。ご了承ください。

【場所】
ぶどうの森本店内 ぶどうの森農園
 石川県金沢市岩出町ハ50-1

【内容】
・バジルの摘み取り (20‐30分)
・お時間とご興味がある方は、農園のお手伝い(野菜畑の草むしり)(~20分)

【参加料金】
ひとかご1,000円(約200g)
※摘んでいただくのは何名様でも結構です。
※かごがいっぱいになったら、お代わりかごもご用意します。
※摘んでいただいたバジルはおみやげとしてお持ち帰りいただきます。

DSC_0588バジル摘み取りで使用するかご。1かごにバジルが200gくらい入ります。

【定員と人数】
各回5~6名様まで承ります(ご相談に応じます)。
※1名様からご参加いただけます
※定員に達し次第、受付を終了いたしますのでご了承ください。

【予約】
事前予約制です。
予約フォームからお申込みお願いいたします。スタッフが確認後、ご連絡いたします。

【その他】
動きやすく汚れてもいい服装と長靴、軍手をご持参の上ご参加ください。
熱中症防止のため、帽子や水分補給などのご準備をお願いします。
農園のお手伝いをしてくださった方には、お礼に採れたての夏野菜をお1人様に1つプレゼントします。

【問い合わせ先】
ぶどうの森  ガーデン&ファーム 10:00~18:00(TEL:076-258-0821)
予約フォームからもお問い合わせをお承りしています。