ニュース&トピックス

洋菓子工房

7月1日は氷室の日、期間限定の氷室スイーツが今年も登場!

2022.06.17

冷帯地区の北海道を除き、今年も日本列島は「無事に」梅雨入りを果たしました。
…と言いたくなるくらい、近年の激しい気候変動は、美しい四季の移ろいを穏やかならぬのものにしている気がします。
それでも暦はめぐり、6月も後半にはいると、金沢ではお饅頭シーズン(!?)の到来。氷室の日が近づいてきました。
この誇るべき慣習を守っていくのは「和菓子だけじゃない、洋菓子もだ!」というべく、今年も洋菓子工房では氷室饅頭をモチーフに、美味しく楽しいケーキをご用意しています。早速ご紹介します。


金澤ひむろーる

webからのご予約はこちらから。

金澤の風習「氷室の日」に合わせたロールケーキのアソートセット。氷室饅頭のような2色の優しい色が城下町金澤の夏にふさわしい風情を醸し出します。
生地のモッチリとした食感はお餅のデンプン由来。淡い緑の生地にはつぶ餡を練り込んだ小豆クリームを、桃色の生地には生クリームにホワイトチョコを混ぜて、白餡を巻き込みました。

■品名:金澤ひむろーる
■販売価格:1,296円
■販売期間:6月28日~7月1日まで(ご予約のお渡しは6月27日からお承りします)
webからのご予約はこちらから。
※web予約は終了しましたが、店頭ではご注文お承り中です。(2022年6月29日追記)

雪室シュークリーム

こちらは今年の新作です。自慢のもっちりのシュー生地に、クリーム、甘納豆をサンドして、氷室の日仕様に。お子様からご年配の方までお召し上りいただけるやさしい味わいです。

「抹茶・粒あん」は初夏限定でご用意した「あんバターシュー」でも活躍した粒あん入りのカスタードクリームに、まろやかな抹茶クリームを重ねて、丹波産の風味豊かな黒豆甘納豆を添えました。

「柚子・白あん」は、プティガトーの「甘夏と柚子のクレープ」でも使用している金沢ゆずのピールを練りこんだカスタードクリームに、白あん入りの生クリームを重ねて、柔らかな甘さの大豆甘納豆を添えました。

■品名:雪室シュークリーム(抹茶・粒あん/柚子・白あん)
■販売価格:各378円
■販売期間:6月28日~7月1日まで(ご予約のお渡しは6月27日からお承りします)

前田のお殿様が氷を届けたのは江戸でしたが、市井には別の形でその種がまかれ、それが豊かな文化となって今に息づいています。そして今日、その一端を担うお菓子をご用意できる幸せを感じずにはいられません。
みなさまが今夏も息災に過ごされますように。このお菓子とともにお祈りしております。