Budoonoki JOURNAL

洋菓子工房ぶどうの木 WEBマガジン

パティシエが追求する美学

2021.06.18

column

newitem

パティシエが追求する美学

68

広辞苑によると、スポンジケーキとは「泡たてた卵と小麦粉に砂糖などを混ぜて焼いたもの」とあります。つまり、かすてらや、パンケーキ、蒸しパンも、広い意味ではスポンジケーキだと言えます。でもその名を聞いてぱっと思い浮かぶのは、ショートケーキではないでしょうか。スポンジ生地にクリーム、多くの場合フルーツをあわせて作るケーキ屋さんの看板商品ともいえる人気のアイテムです。

ぶどうの木のケーキの多くは濃厚かつコクの豊かさを楽しむものが多い中、ショートケーキは不思議なほど、ふんわりのスポンジ生地とあっさりの生クリームから構成される軽やかな味わいが特徴です(うっかり?ひとりでホールケーキを食べてしまった!というスタッフが複数いるほどです)。
それは、主役が果実であると考えているから。果実のみずみずしさや、香り、食感を最大限に引き立てようと考えると、スポンジ生地は口の中でほどけるような優しさを、生クリームはほどよいミルク感をもちながら甘みをおさえてすっきりとしたものにたどり着くのです。

スポンジ生地と生クリーム

しかしぶどうの木のショートケーキはこだわり果実を使ったプレミアムケーキ。
そこで、このスポンジと生クリームの美味しさをもっと気軽に存分に楽しんでいただきたい!という思いで、新商品を開発しました。

そうして完成したのが「もちっとカステラサンド」。スポンジ生地は、シフォンケーキや台湾かすてらを思わせる、ふんわりもっちりの食感。そこへ自慢のあっさり生クリームをふんだんに絞ってサンドすると、ほっと落ち着くような、毎日食べても飽きのこない優しい美味しさが生まれました。

スポンジと生クリーム、このマリアージュの追求はパティシエにとって永遠のテーマです。今年のぶどうの木では、「ショートケーキ」と「もちっとカステラサンド」でそれをお楽しみいただければ幸いです。

旬のマンゴーをふんだんに!
マンゴーのショートケーキ

Shortcake à la mangue

マンゴーのショートケーキ

ショートケーキは、その時期の旬な果実を贅沢に使ったプレミアム商品。
初夏から8月ごろまでは、タイ産のナンドグマイ種またはマハチャノ種のマンゴーを使用。濃厚な果肉の甘みが存分に引き立てられています。

1個 ¥648(税込) ※要冷蔵

気軽に楽しむ優しい美味しさ
もちっとカステラサンド

Sandwich Castella

もちっとカステラサンド

台湾カステラを思わせる「もちっ、ふわ」の食感のスポンジと、あっさりの生クリームを存分に楽しめます。
毎日食べたい手ごろな価格と飽きのこない味わいが魅力です。

1個 ¥324(税込) ※要冷蔵