Budoonoki JOURNAL

洋菓子工房ぶどうの木 WEBマガジン

誰からも愛される洋菓子を目指して

2020.10.15

newitem

column

誰からも愛される洋菓子を目指して

52

ぶどうの木のカステラは、ほどよい甘さと、ふわりとした口どけ、シンプルだけど飽きのこない美味しさで、以前から高い評価をいただいてきました。しかし、洋菓子工房ぶどうの木で販売しているのは、春の「さくらかすてら」のほか、まめや金澤萬久商品の製造過程で生まれる「はじっこ」などの期間・数量限定品。そこで、いつでも気軽にお楽しみいただけるように、食べきりの個包装サイズで新商品をご用意することにしました。

そもそもカステラの主原料は、卵・小麦・砂糖。シンプルなだけに、原料の品質と製造技術がものを言います。ぶどうの木が選んだのは、高級卵の「エグロワイヤル」。臭みがなく、他の素材の味わいを引き立たせながらコクをプラスしてくれます。はちみつはすっきりとしたレンゲを、そして小麦粉は「宝笠」。シルクのようなきめ細かな生地に焼きあがると職人から支持されるブランド小麦です。そこへ今回の新商品では地元 加賀市の打越製茶農業協同組合さんからいただいた「加賀の紅茶」もふんだんに使いました。繊細な甘みとやさしい香りで上品な余韻をお楽しみいただけます。

シンプルなお菓子だからこそ、いらないものは使わずに、必要なものには素晴らしい地元素材や貴重な農産物の美味しさとストーリーを載せてご用意する。それが皆様に愛される菓子であり、ぶどうの木の使命の一つだと考えています。今回の新商品もお楽しみいただければ幸いです。

てるこさんのカステラ[加賀の紅茶]

Castella de Teruko

てるこさんのカステラ[加賀の紅茶]

今ではすっかり身近なおやつのカステラも、ちょっと前までは高級品。そんな時代に思いを馳せて昔ながらのカステラを作りました。しっとりの食感とやさしい甘さ、紅茶の繊細な香りに、昭和のお洒落女子てるこさんも笑顔になったことでしょう。

1個 ¥195(税込)
4個入 ¥886(税込)
8個入 ¥1,772(税込)

加賀の紅茶

こだわりの素材-打越製茶農業協同組合さんの加賀の紅茶

加賀市の打越地区は江戸時代から続くお茶の産地。現在では北陸に残る貴重な茶園から生葉を収穫し、打越製茶農業協同組合の製茶場で丁寧に焙煎して製品にされています。加賀の紅茶は、ほんのりとした甘みと香ばしさ、清々しいあと味が特徴。今回は適度な茶葉を残すためにも「荒茶」と呼ばれる葉や茎の形がある状態でいただいています。