Budoonoki JOURNAL

洋菓子工房ぶどうの木 WEBマガジン

思いを届ける職人の手仕事。 -母の日2018-

2018.03.28

newitem

column

思いを届ける職人の手仕事。 -母の日2018-

06

ぶどうの木の工場では、驚くほど職人の手仕事が活躍しています。生菓子はもちろん焼き菓子やコンフィチュールなどのグロサリー類にいたるまで、職人たちの絶妙なさじ加減、技術で商品は仕上げられています。 母の日の「カーネーションブーケ」もそのひとつ。約7年前に当時生菓子チームのサブリーダーだった高島(現バウムチーム・リーダー)が提案してくれたことから始まりました。
飾りのカーネーションはチョコレート製、職人がひとつひとつ削ったものをつなげて形にしていくもので、技術だけでなく時間もかかります。 しかし、母の日のような日にこそ、手間はかかっても技術で魅せる、選んでくださった方の思いを届ける力のある商品が必要である、との思いから商品化され今では母の日の看板商品になっています。
ぶどうの木は、今日も職人の努力と技術で、贈り贈られる方の気持ちをつなげる商品づくりに取り組んでいます。

カーネーションブーケ
カーネーションブーケ
カーネーションブーケ

カーネーションブーケ

Bouquet d'oeillet

カーネーションブーケ

カーネーションがモチーフ。チョコレート製の飾りをあしらった母の日限定ケーキです。今年は鮮やかなルージュの内側に、おだやかな酸味と爽やかな甘みが心地よいタイベリーを使って、エレガントなマダムをイメージした味わいに仕上げました。 タイベリーに合わせたのは香りのよいアールグレイのシロップ、そしてブロンドショコラのムースが全体をまろかやかにまとめます。

4号(直径12cm) ¥2,592(税込) ※要冷蔵
【販売期間】 5月11日~13日